電氣っ娘

もう半袖でも多分大丈夫だけど念の為

薄手のシャツを羽織り、ほら半袖で大丈夫だった。

みたいな陽気の1日。1年中とまでは言わないが

年の3/4くらいこの気候でも苦しゅうない。

その代わり残り1/4は極寒、もしくは極暑に

なりますが宜しいですか?と言われたら

それはよろしくないのでこのままがいい。

はい、というわけでこの笑顔の素敵な御二方とは

下北沢でお会いした。のHitoさんと

Yasuさん、大村仁望さんと飯坂泰子さん。

仮名表記にするとひとさんと、やっさん。

ひとさんはまだしも、やっさんはマズかろう。

ベテラン刑事みたいになってしまう。なので

ここは見なかったことにしていただきたい。

じゃあ書くなや。と思われた方、仰る通り。

ただ、打消し線というのを使ってみたかったのだ。

そんな飯坂泰子さん、泰子ちゃんの出演する

電氣っ娘という舞台を観に来た次第。実は

以外で泰子ちゃんの出演する作品は

観たことがなかったので、とても楽しみにして

いたのだけど、結果とてもおもしろかった。

時代劇という設定なのだけど基本的に軽快で

ユーモアがあってわかりやすくてという印象で

誤解を恐れず言うと、ちゃんとくだらなくて

とても好きだなあ。と思いました。はい。

泰子ちゃんのもともと持っているように感じる

キャラクターの良さみたいなのが、作品の中で

すごく生き生きとしてるのが観てて気持ちよくて

トーリーが展開してくのを愉しむのと併せて

そんなとこでも、お、いいぞいいぞ。と

思わせてくれたのが嬉しかったり。

偉そうなことを書きつつ簡単に言うと

クスクス、ゲラゲラ笑って時

ドキドキしながら、わー楽しかった。

となれたというわけです。

言いたいこと。とか伝えたいこと。とか

そういうのばっかだと息が詰まる瞬間も

結構あるし、今回はちょうどこれから

また書き物を始める手前だったので

このタイミングで観れてよかったなあと

思える素敵な作品だった。ありがたや。

そんな下北沢南口。Twitterにも書いたのだけど

駅前で全然知らない女の子が前から手を振って

やって来たので、心当たりがないながら

俺が忘れてるだけかも。と思って、とりあえず

君のこと俺もちゃんとわかってる感を

出したら、純度100パーセントの他人だったという

エピソードがあった。くっそ恥ずかしいのなんの。

もしも、俺が恥ずかしさというもので

爆発を起こす体質だったら、恐らくその瞬間に

下北沢の街を木っ端微塵にしてたろうね。

というくらいの恥ずかしさだった。

せっかくなので、やっさんの写真をもう一度。

終演後お会いするととてもよい表情を見せて

くれたので、なんだか嬉しくて俺までニヤニヤ

してしまってた気がする。22日まで下北沢の

駅前劇場というマジで駅前の劇場で公演している

みたいなので、気になった方はぜひ。あ、駅前で

手を振って近付いてくるひとがいたらご注意を。

そのあとは、なんとなくふらふらと下北沢の

街を歩いたあとで帰宅。週中であっても

足取りの軽やかなひとが多かったように思う。

もちろん下北沢に暮らすひとも大勢いるとは

思うけど、やはりよそ行きして出掛けたくなる街

という色のほうが断然強い気がするのは

東京への憧れみたいなものだろうか。

ただいまの街。船橋あたりも実家のあたりから

したら夜中でもめちゃくちゃ明るいわけだけど

もうすっかり慣れてしまった。また以前と比べると

街の街灯もLEDが採用されたのか電球が切れて

チカチカいってるのとかも見かけなくなった。

変わって5月の青空と葉っぱ。よく青春時代を

若葉の季節などと喩えられたりするけど

あ、若葉のころというドラマもあったっけ。

なるほど、こうして太陽と重ねてみると

なんだか希望しかねーな。おい。と思えてくる。

胸元にゴミ付いてるぞ。と言うと

聞いたか聞かずか偶然こんな動きに。

全然届いてねーけど、まあ取れたからよし。

昼下がりの公園で親子。お母さんが

明後日の方向に蹴ったボールを男の子が

ケラケラ笑いながら取りに行くという

放られたフリスビーを追い掛ける犬と主人の

絵面を彷彿とさせるようななかなか

珍しいタイプの遊びのようだった。

まあでも楽しそうだったのでよし。

この花の名は、、、覚えました。

町中で見掛けた名前のわからない花は

だいたいブログで訊けばわかるのではないか

と思ってしまうくらい、画像で皆さま名前が

出てくるのはすごいなあ。と思った次第です。

姿は見えなくても夕陽。離れてしまった

大切なひとや会えなくなった大切なひとの

ことを思い出すとこんなイメージが浮かぶ。

たとえその姿が消えてしまったとしても

想像を超えて確かに、鮮やかにその存在は

長い間また会えるかもしれないという

気配を心に残すものなのかもな。と思う。

明日も晴れるみたい。

おやすみなさい。

------------------------------------

------------------------------------

次回LIVE詳細出ました

2017/05/29(MON)

新代田LiveBarCrossing

出演

白濱賢吾/西岡翔平/荻野哲平/他

OPEN19:00START19:30

前売り2000当日2500共にドリンク別

問い合わせ:Tel:03-6316-5259

-----------------------------------

-----------------------------------

ノンフィクションの絵空言は

読者を募集しています。

登録してくださる方は是非

相手に知らせて読者になると

して頂けますと大変喜びます。

akisame1stMVOrange公開中!

こちら

Twitter

kengoshirahama

Facebook

白濱賢吾

Instagram

akisameweb

こちら

ストレンジドラマWEB

チケット予約

infonet